ダイエット中の飲料としておすすめのドリンクをご紹介していきます。ちょい足しなどでアレンジをしながら、ご自分の好きな味を探したり、さらにダイエット効果を高めたりするお手伝いレシピをまとめました。水筒やペットボトルなどに入れて持ち運び、ダイエット中は食べ物だけでなく飲み物にも気を使ってみましょう。

スポンサーリンク

麦茶

麦茶にはカロリーはありません。くわえてノンカフェインであるのがポイントです。妊娠中やお子さんなど、幅広く飲んでいただける飲み物になります。

血行促進効果や、身体の熱をとる効果もあります。本来ダイエット中は身体を冷やすことをよしとしませんが、エクササイズ後や暑い夏などにはある程度冷やすことも必要となりますので、適宜麦茶を飲むことも必要です。

ダイエット効果としてはミネラルが豊富のため、カリウムの働きでむくみを改善してくれます。さらに嬉しい効果としては、メラニンの生成を抑える働きです。活性酵素を除去し、ダイエット中でも美肌へと導いてくれます

麦茶にちょい足し♪アレンジレシピ

冬は煮出して、夏は水出しでそのまま飲むのがスタンダードな麦茶ですが、ダイエット向きに少しちょい足ししてみます。

麦茶の香ばしい香りと相性の良いショウガを混ぜることで、冷たくして飲んでも身体を冷やしすぎないダイエットに向いた飲み物になりますよ。

材料

  • お湯 2リットル
  • 麦茶のパック 2リットル分の茶葉
  • 生姜スライス 4~5枚

作り方

  1. 麦茶のパック・生姜スライス・お湯を鍋に入れ、火にかける
  2. 沸騰したら弱火にして、10分間煮出す
  3. 生姜スライスを取り出して、あら熱をとる

出来上がった麦茶に生姜を入れても良いのですが、煮出した方が圧倒的に香りが良く美味しくできます。

黒烏龍茶

黒烏龍茶とは、烏龍茶にダイエット効果の高い烏龍茶重合ポリフェノールを追加したもののことを言います。

「身体に脂肪がつきにくい」でおなじみですが、このポリフェノールには脂肪の吸収を抑制してくれる効果があります。さらに、脂肪が排出されるという働きも期待できるのです。

ダイエットを意識していない方も、油っぽいものが好きな方も、食事中のお供として黒烏龍茶を飲むことをおすすめします。

黒烏龍茶のちょい足し♪アレンジレシピ

爽やかな香りのレモングラスをブレンドするレシピです。さらに爽やかなお茶にしたい場合はミントの葉ハイビスカスティーの茶葉などを加えても美味しくいただけます。

材料

  • 黒烏龍茶 200ml
  • レモングラス(カットリーフ) 小さじ1

作り方

  1. 黒烏龍茶を鍋に入れて加熱します。
  2. 沸騰したら火を止めて、レモングラスを入れて1分待ちます。
  3. 茶こしなどを使ってレモングラスを取り除きます。
  4. お好みで冷やしてもお飲みいただけます。その場合はレモングラスの分量を少し多めにするのがポイントです。

レモン水

レモンに含まれるクエン酸は、疲労回復効果だけでなくエネルギーの代謝にも使用される栄養素です。クエン酸が不足すると代謝が落ちやすくなることもありますので、ダイエット中には積極的に摂取しましょう。

またペクチンは血行を促進し、血糖値の急上昇を抑えてくれる働きもあります。

ポリフェノールの抗酸化作用、ビタミンCの美肌作用など、ダイエット面で様々な効果が期待できるのがレモンなのです。ですがそのまま食べるのはなかなかつらいですよね。そこで今回はダイエット中の飲料としてレモン水をおすすめします。

▼レモンのさらに詳しいダイエット効果についてはこちら↓

レモンダイエットはリラックス効果や生活習慣病予防にも!!

レモン水の作り方

レモンは国産で、無農薬のものを用意すると安心です。レモンの皮と身の間の栄養素も摂取できる、おすすめのレシピです。

用意するもの

  • プラスチックボトルや水筒
  • レモン
  • ミネラルウォーター

作り方

  1. レモンをまな板などに押し付けながら、コロコロと転がします。
  2. 用意したボトルに7割くらいまで水を入れます。
  3. レモンをスライスして、②のボトルに入れます。
  4. 冷蔵庫で1時間程冷やします。

すぐに飲む場合はレモンを潰すか、ボトルをシェイクしてくださいね!

生のレモンを使わず、果汁100%のレモン果汁を使用して作ることもできます。ですがこの場合、レモンの皮から出る栄養素を摂取することができませんので注意が必要です。

レモン水のちょい足し♪アレンジレシピ

上記のレモン水に「シナモン」を少し入れると、香りが豊かになりがらっと雰囲気がかわります。

シナモンが苦手な方は「オリゴ糖」を少し入れるのもおすすめです。

更にはレモン水の「水」を「炭酸水」に変えたり、「きゅうりの輪切り」を入れても美味しいですよ。

▼きゅうりを効果的にダイエットに利用する方法について詳しくは以下の記事もご覧ください。

キュウリダイエットの効果とタイミングのコツ!!

プーアール茶

プーアール茶には、リパーゼという酵素を増やしてくれる働きがあります。このリパーゼは脂肪燃焼効果があり、中性脂肪を燃焼しやすくしてくれるのです。

さらにプーアール茶を摂取しているときは適度な運動がとても効果的で、脂肪が減りやすいと言われています。胆汁に働きかけ、脂肪の消化と吸収を抑制してくれるのです。

プーアール茶のちょい足し♪アレンジレシピ

ダイエットだけでなく健康にも効果的なプーアール茶ですが、独特の香りが苦手な方もいらっしゃるかと思います。そんな方におすすめのちょい足しアレンジレシピをご紹介します。

材料

  • プーアールの茶葉 5g
  • 牛乳 300ml
  • 蜂蜜 適量

作り方

  1. 鍋に牛乳とプーアールの茶葉を入れます。
  2. 牛乳に色がつくまで、じっくりと煮出します。
  3. マグカップなどに注いで、最後に蜂蜜を加えて混ぜます。

プーアール茶は癖の強いお茶ですが、その分牛乳との相性がとても良く、濃厚なチャイになります。

「牛乳」を「豆乳」に変えたり、さっぱり飲みたい場合は「牛乳 100ml」「お湯 100ml」で煮出すのもおすすめです。

ちょい足しでダイエットドリンクに!水筒やペットボトルに入れて♪のまとめ

食事制限では食べ物のみに意識を向けてしまいがちですが、飲み物にも実はカロリーが高いものがたくさんあります。そしてその反面、カロリーが低いものや、ダイエットに利用できるものもたくさんあるのです。水分は私たちが生きていく上で大切なものです。これらを見直すことで、さらに効率よくダイエットに活かしていきましょう。