ダイエットドリンクは様々な種類がありますが、種類がありすぎてどれが良いのか?効果があるのか?わからない!そんな方におすすめする、簡単に手作りできるダイエット中の飲み物レシピをまとめました。飲み物を改善することは、食事制限やエクササイズを頑張っているのになかなか痩せず、停滞期を迎えている方にもおすすめです。

スポンサーリンク

小豆水

小豆はダイエットに向いていないイメージを多くもっている方がいらっしゃるかもしれませんが、小豆にはビタミンBがたくさん含まれています。

このビタミンBは、糖質や脂肪を代謝するために欠かせない栄養素です。代謝を上げてくれる効果もありますので、ダイエット中は積極的に摂取したい成分といえます。

また、小豆には食物繊維も多く含まれています。腸内環境を整えて、便秘の改善・ぽっこりお腹の解消などに役立ってくれます。

ダイエット中は食事制限などの食生活の変化から腸内環境が変わり、調子を悪くしがちです。小豆に含まれる食物繊維は、それらを防いでくれるのです。

小豆水の手作りレシピ

小豆水とは、小豆を煮た煮汁のことです。砂糖や蜂蜜などは入れずに、そのまま飲むようにしましょう。

初めのうちは慣れない味かと思いますが、飲み慣れると小豆の風味が感じられるようになります。

材料

  • 小豆 200g
  • 水 1600cc(800ccずつに分けておく)

作り方

  1. 小豆を水でよく洗います。
  2. 鍋に小豆と800ccの水を加えて一煮立ちさせたら、煮汁のみを捨てます。
  3. ②の小豆が入った鍋に、再度800ccの水を加えて、小豆が柔らかくなるまで煮込みます。
  4. 煮汁が濁ってきたら、小豆のみを取り出します。
  5. 煮汁のあら熱を取れば、小豆水の完成です。

③で取り出した小豆は、スープや小豆粥などに使用することができますので、取っておきましょう。小豆水は冷蔵庫で数日もちます。まとめて作って冷やしておくと便利です。

小豆に含まれるポリフェノールは、実はワインよりも多いと言われています。冷えを予防して血行を促進し、健康面からもダイエットを支えてくれる小豆のパワーをぜひ取り入れてください。

炭酸酢(酢パークリング)

炭酸水に含まれる二酸化炭素が、腸を刺激して便秘の改善を促してくれるのと同時に、酢に含まれる酢酸が内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれます。

また食後の血糖値の上昇を抑える働きもありますので、食べ物を食べた際、太りにくくなるのです。

無糖の炭酸水を使用しますので飲みづらく感じる場合は、少量のはちみつを入れても大丈夫です。

食前や食事中などに摂取することで、ダイエット効果を得ることができます。

▼炭酸水を利用したダイエット法についてさらに詳しくはこちら↓

炭酸水ダイエットの効果的な飲むタイミングは寝る前だけじゃない!

酢パークリングのレシピ

炭酸水は無糖のものを選んでください。

また、ペットボトルの炭酸水をそのまま利用することにより、炭酸が抜けるのを防ぐことができます。

材料

  • 炭酸水(無糖) 500ml
  • 酢 25g

作り方

  1. 空のボトルや水筒などを用意して、炭酸水を入れます。
  2. 続いて酢を入れ、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

お酢の酸味が苦手な方は、りんご酢などで作ってみるのがおすすめです。美肌効果などがさらに期待できるようになります。

トマトジュース

トマトは低カロリーで栄養豊富のため、ダイエット中の崩れた栄養バランスを補う役割があります。そしてトマト100gあたりの糖質量はなんと4gと、大変少ないのです。

アイキャッチ画像

トマトの赤い素となっているリコピンには、代謝を高める効果もあります。

リコピンは活性酸素を除去し、高い抗酸化作用も期待できるのです。

▼トマトの詳しいダイエット効果についてはこちらもご覧ください。

トマトダイエットの効果が凄い!体内から綺麗に!!

手作り!トマトジュースのレシピ

材料

  • トマト 3個
  • 生姜パウダー 小さじ2分の1
  • 塩 少々

作り方

  1. フードプロセッサーにトマトをいれて混ぜ、ペースト状にします。
  2. ①のペースト状にしたトマトをザルでこして、さらに荒い布でこします。
  3. こしたペースト状のトマトを鍋に入れて弱火にかけます。
  4. 生姜パウダーと塩を加えて、沸騰しないようにゆっくり加熱します。
  5. あら熱をとって、冷蔵庫で冷やします。

塩は、ミネラルの含まれる天然塩を使用することがおすすめです。冷凍保存が可能なので、まとめて作って、自然解凍して飲むのが便利ですよ。

発酵ハーブティー

発酵ハーブティーとは、複数のハーブをブレンドしたり、痩身効果などが期待できる成分を混ぜたダイエットのための飲み物です。

ブレンドする事により、ハーブが苦手という方でも飲みやすいように工夫がされています。様々なフレーバーが販売されていますので、自分の好みのものを見つけるという楽しみもありますね。

ダイエット効果としては主に、身体の老廃物や余計な水分を対外に排出する役割を持っています。デトックス効果が期待できるのです。

またカロリーもなく、リラックス効果も期待できることから、ストレスをためがちなダイエット中にもぴったりの飲み物と言えます。

アイスハーブティーの美味しい淹れ方

ハーブティーやダイエット用の発酵ハーブティーはお湯で抽出するものが多いです。

なので今回はエクササイズ後や暑い夏でも気軽に飲めるよう、アイスでの淹れ方をご紹介します。

材料

  • 熱湯 400cc
  • ハーブティーの茶葉 大さじ3
  • ロックアイス 適量

淹れ方

  1. ティーポットにハーブティーの茶葉を入れます。
  2. 熱湯を注いで5分待ちます。
  3. ビニール袋に分量外の氷を入れて、ティーポットの中に入れ、あら熱をとります。
  4. グラスにロックアイスを入れて、③を注ぎます。

茶葉を規定量より多くし、抽出時間を長くすると味と香りが良くなり、ハーブを楽しむことができます。あら熱を取る際、ビニール袋に入れた氷である程度冷ましておくことがポイントです。

ダイエットドリンク&飲み物とは?手作りできるレシピ特集♪まとめ

水やお茶などではなく、ダイエット中はさらにダイエットに良い飲み物を摂取することでダイエットの効率をあげることができます。エクササイズなどを行ったあとには、必ず飲み物を摂りますよね。私たちの生活やダイエットには、飲み物が深く関わってくるのです。痩せやすい身体作りへと導くためにも、食べ物だけではなくぜひ飲み物にも気を付けてみてください。