果物がダイエットに向いているのは、果物に含まれる糖が血糖値を上げる糖分ではないからです。果物に含まれる糖の60%は「果糖」と呼ばれるもので、血糖値が上がりづらいのです。食物繊維やビタミンC、ミネラルが豊富に含まれているフルーツを、ダイエットに利用しようとする方は多いと思いますので、今回は低糖質で特におすすめの果物や、簡単に作れるジュースのレシピなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

酵素とビタミンB1のパイナップル

食事制限を伴うダイエットは、筋肉量の低下を招き、後のリバウンドの可能性が高くなってしまいます。

しかし、パイナップルにはたんぱく質を分解して消化促す「ブロメリン」という成分が含まれているのです。

パイナップルを食べた時に舌にピリピリと刺激を感じることがありますが、この刺激は「ブロメリン」が原因です。

パイナップルに含まれる糖質

パイナップルの糖質量は、100gあたり12.5gです。

その他の主な果物と比べてみても、それほど高くないことが伺えます。

  • りんご(15.5g
  • バナナ(21.0g
  • オレンジ(10.8g

また、パイナップルは栄養価も高く、糖質の分解を助けてくれる「ビタミンB1」や「ビタミンB2」、そして「ビタミンC」、食物繊維などダイエットに適した栄養素が含まれています。

▼パイナップルダイエットのやり方はこちらの記事を参考にしてください。

パイナップルダイエットの効果を検証!夜に食べるのはNG!

手作り!パイナップルジュースのレシピ

パイナップルはまるごと、しかも比較的安くスーパーなどで購入することができます

置き換えなどに利用しても良いですが、ダイエット中甘いものが恋しくなった際にもぜひ試してみて下さい。

材料

  • パイナップル 200g
  • 炭酸水 100cc
  • 豆乳 50㏄

作り方

  1. パイナップルを細かく切ります。
  2. ミキサーにパイナップルを入れて、つぶつぶがなくなるまで混ぜます。
  3. ②に豆乳を加えて、さらに混ぜます。
  4. グラスに③を入れて、炭酸水を入れたら完成です。

パイナップルを繊維ごと摂取するため、ジューサーではなくミキサーを使用します。

完熟したパイナップルであれば甘さを加える必要がないほど美味しくいただけますが、どうしても甘味が欲しい場合は「蜂蜜」や「オリゴ糖」などを加えてください。ですが、入れすぎには注意です。

ビタミンCとアミノ酸!いちご

まず、いちごは大変低カロリーの果物です。

バナナが100gあたり86kcal、りんごが100gあたり54kcalなのに対し、いちごは100gあたり34kcalです。

また、糖質は100gあたり7.1gしかありません

そしていちごに含まれているビタミンCは、免疫力を高めたり、新陳代謝を助けて美肌へと導いてくれる栄養素です。

ダイエット中は食事制限などで食生活が乱れ、肌が荒れてしまうことがあります。その際、ビタミンCを摂取しておくことで対策をすることが可能なのです。

筋肉量が減ってしまうとリバウンドの可能性が高くなるとお話ししましたが、いちごに含まれているアミノ酸は、筋肉の維持やエネルギー源となってくれるため、それらも防いでくれます。

いちごにぴったり!練乳のレシピ

ダイエット中でも食べられる練乳の手作りレシピです。

たまには甘いものを食べたいという時や、すっぱい苺を食べる際、ぜひ作ってみてください。

材料

  • 牛乳 100㏄
  • 豆乳 50㏄
  • てんさい糖 50g
  • 蜂蜜 20g

作り方

  1. 電子レンジ対応の器に、材料をすべて混ぜます。
  2. レンジで1分~2分加熱し、取り出してさらに混ぜます。
  3. さらにレンジで加熱して混ぜるを、粘りが出るまで繰り返します。

市販の練乳よりも少しサラサラしています。お好みでスキムミルクを大さじ1加えると、コクが深くなりますのでお好みで試してみてください。

抗酸化作用のキウイ!

キウイには、抗酸化作用に優れたビタミンCとビタミンEが含まれています。

老化の原因ともいわれている活性酸素を除去する力が、みかんの2倍も含まれているのです。

水溶性と不溶性両方の食物繊維が多く含まれていますので、便秘を解消しながらお腹まわりをすっきりダイエットする手助けをしてくれるのもメリットです。

▼キウイダイエットのさらに詳しい方法は以下の記事もご覧ください。

キウイを朝に食べると…!?ダイエット効果と口コミ特集!

キウイの糖質量とカロリーは?

キウイの糖質量は、100gあたり11.0gです。

果物の中でも比較的少なく、他の食品と比べてもかなり低いと言えます。

手作り!キウイジュースのレシピ

キウイの美容・ダイエット成分をそのまま体に取り入れるためのジュースのレシピです。

材料

  • キウイ 2個
  • 蜂蜜 小さじ2
  • 水または豆乳 80㏄
  • 塩 少量
  • レモン汁 少量

作り方

  1. キウイの皮をむいて、ペースト状になるまでミキサーにかけます。
  2. 粗目のザルで、ペーストしたキウイをこします。
  3. 再度キウイをミキサーに入れて、塩・レモン汁・蜂蜜・水または豆乳を加えて、混ぜます。

キウイの爽やかな甘さと風味を楽しめる、まるごとジュースです。

食物繊維を出来るだけ失わないよう、粗目のザルでこすことがポイントです。水や豆乳のほか、飲むヨーグルトや炭酸水(無糖)など、お好みのもので割って飲んでみてください。

低糖質!ダイエットにおすすめの果物とジュースと練乳のレシピのまとめ

果物は栄養価が高く、美容や健康に明るい栄養素が多く含まれています。どれか一つと決めなくても、その時々でスーパーで安いものを選んで購入し、たくさんの果物を利用しながらダイエットを行うこともおすすめです。果物に含まれる糖は血糖値が上がりづらい糖という事でしたが、ダイエット中は果物の甘みを摂取することである程度のストレスが緩和されることも見込めます。