食事はダイエット中に気を付けるポイントとなりますが、私たちの身体は食べたもので作られていることを忘れてはなりません。運動の時間が取れない方や、苦手という方はどうしても食事制限のみのダイエットに頼ってしまいますが、栄養バランスを考えた上で、過度な糖質制限にも気を付ける必要があります。ダイエット中の食事の選び方や改善、コントロール方法など、今回はダイエット中の正しい食事についてをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ダイエット中の食事

ダイエット中だとしても、食事にはエネルギーや栄養を補う大切な役目があります。とにかく食べる量を減らせばいいという訳ではありません

食事制限を行うことによって短期間で体重を減らすことは可能ですが、脂肪とともに筋肉も落ちます

筋肉が落ちるということは基礎代謝が下がり、さらには太りやすい身体となります

何もしていない時の消費カロリーも減ることになるのです。

また、短期間で体重を落とすことで、身体は栄養を蓄えようと飢餓モードに入ります。そのためますます痩せにくくなります。

食事を見直してダイエットを行う場合は、

  • 時間をかけてゆっくり行う
  • 栄養バランスに気を付ける

ことが大切です。

▼サプリメントなどを取り入れ、栄養に気を付けた健康的なダイエットもおすすめです。

健康なダイエットは食材も大事!サプリメントも取り入れて!

食事制限のみ!おすすめの方法

食事の管理を行いながらのダイエット法にも、種類があります。

置き換えダイエットという方法も、食事制限ダイエットの一種と言えるでしょう。置き換えダイエットは、短期間で効果を出しやすいダイエット法ではありますが、一生この置き換え食を続けることはできません。つまり、いつか今までの食事に戻すことになるのです。

食事をメインにダイエットする場合、大切なのは食事の改革です。

今までの食事を見直すことで体重を管理するのですから、いつか戻すための食事ではなく、ずっと続けられる食事にすることがポイントです。

① 脂肪分の質を見極めて油を置き換える

ダイエット中に避けたいもののひとつが、脂肪分です。脂肪分を減らせばカロリーを減りますので、ダイエットには確かに効果的です。

ですが、ひとことで脂肪分と言ってもその種類は実に様々です。

太る原因になるものから、身体につきにくくダイエットの手助けをしてくれる脂肪分もあります。また、脂肪分は私たちが生きていく上で必要な成分でもあります。

過激に脂肪分を制限すると、肌が水をはじかなくなる…ということもあります

つまり、重要なのは「脂肪分の質」なのです。

オリーブオイルやココナッツ油、ごま油や亜麻仁油などを適量摂ることを心掛けてください。

普段使用しているキャノーラ油やサラダ油をこれらに置き換えるだけでも、食事を使用したダイエット法として効果があります

② 糖質は一日100g以下がおすすめ

糖質は食後の血糖値を上げてしまいます。インシュリンの分泌を促し、太りやすくなるものと言われており、ダイエット中の過剰摂取には注意が必要です。

しかし、糖質が不足するとエネルギー不足や低血糖などの危険があるのです。

糖質の摂取量は、食事摂取基準では「260g」と言われています。しかし、ダイエット中であれば260gは摂りすぎです。

糖質制限ダイエットのやり方は様々ですが、おすすめなのは一日当たりの糖質量を「100g以下」とする、少し緩めの方法がおすすめです。この程度であれば続けやすく、無理のない範囲と言われています。

計算が面倒という方は、まず「夜だけ糖質を抜く」という方法を試してみても良いと思います。

③ 一日あたりのカロリーをコントロールする

太る原因としてあげられる糖質ですが、糖質に気を付ければカロリーを気にしなくて良いというわけではありません。しかし好きな食べ物をすべて我慢するダイエットはつらいものかと思います。

そんな時は、一日あたりのカロリーの総量で、カロリーコントロールを行ってください。

一日の適切なカロリー摂取量を調べ、例えばランチを軽めに済ませた時のカロリー総量をざっと計算します。少しゆとりがあれば、間食をしてしまいましょう。

朝、昼を食べた後間食をした場合は、夜の摂取カロリーを少し減らしてみましょう。このように一日でカロリー総量を計算すると、甘いものを食べる余裕が少し出てくると思います。

ストレスはダイエットには良くありません、心身ともに健康的なダイエットを行うためにも、無理なく継続できるようにしてみましょう。

④ 食べたものを把握する

そして食事を見直す場合には、今まで何気なく食べていたものを見直すことも重要です。空腹ではないのに食べていた間食や、なんとなく食べていたものを把握する必要があります。そこで、オススメなのがレコーディングダイエットです。

レコーディングダイエットとは、食べた物をとにかく書いていくというダイエット法です。これは、食べたものを把握することで自然に食べるものを減らそうという、食事制限の際の意識改革ができるものです。

食事を見直すダイエットの場合は、このレコーディングダイエットを併用するのがおすすめです。

食事制限をメインにするダイエットのコツは、続けられる範囲で無理なく継続することです。一気に体重を減らそうとせずに、数か月や一年など、長い目でダイエットを実施しましょう。

ダイエットを食事改善だけで実践した方の口コミビフォーアフターは?

食事を改善するだけで、どの程度見た目に変化があるのでしょうか。食事を改善するダイエットを実施した方の結果と口コミを参考にしてみましょう。

42歳 男性

揚げものを焼き料理に、炒め物は煮物に変えて、米は雑穀米という生活を2か月しています。今、マイナス5キロです。

食事制限として、調理法と米を変えたダイエット法です。食べないダイエットではなく、調理法を変えるだけでもこれほどの効果が見込めるようですね。無理せずに続けられる基準をご自身の中で定め、それを継続していくことがポイントとなっていますね。

23歳 女性

和食中心の生活と、洋食の時もヘルシーなスープなどにして、ストレッチを組み合わせて3キロ痩せました。おやつは、アーモンドです。

食事だけでなく間食のおやつも変えたことと、洋食でもヘルシーなものを選んだことが成功のポイントですね!「食べない」ダイエットではなく、食べながらダイエットを行う方法があるのは嬉しい口コミです。

ダイエット中の食事とおすすめの制限方法は?のまとめ

食事を見直すだけでもダイエットは可能です。口にしていたものを把握すること、カロリーや糖質、脂肪分の質を見直してコントロールしていくことはとても大切になります。リバウンド防止のためにも過度な制限は行わず、無理なく長期的にダイエットに取り組んでみましょう。