ダイエットの最中、どうしても甘味が欲しくなった場合でも食べられる、手作りプリン&パンナコッタです。GI値の低いプリン、なめらかな舌触りが嬉しいパンナコッタは、自宅で簡単に作ることができます。どちらも満足感を得やすいので、ダイエット中のご褒美として食べられるレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエット中のおやつ

ダイエット中、おやつを食べることは必ずしも悪いことではありません。

空腹を我慢して食事制限をすることがダイエットのセオリーと考えられていましたが、糖質の制限さえすれば、ダイエット中におやつを食べることは問題ないのです。

ストレスをためることで血行が悪くなり、身体の基礎代謝は低下してしまいます。つまり、消費できるエネルギー量が減ってしまうのです。ストレスを溜めすぎないことも、ダイエットの成功の一つの要因と言えます。

ダイエット中のおやつ①「プリン」

プリンはおやつの中でもカロリーや糖質が低く、ダイエット中のデザートに選ぶ方も多いかと思います。

体内の血糖値の上昇を数値で表した「GI値」というものも低いため、太りにくいのです。

また原料に使用されている砂糖や卵、牛乳はいずれも消化に時間がかかる食材です。つまり、腹持ちが良いと言えます。

ダイエット中のおやつとしてプリンを食べると空腹感を抑えられるので、その他の間食を減らすことも可能なのです。

ですがおやつはおやつ、少なからず太る要素も含まれています。1日の総摂取カロリー量に収まる範囲内での間食を心がければ、プリンは食べていけないものではありません。

プリンは食前に食べる

ダイエット中は、食後にプリンを食べることは控えましょう。結果として、摂取するカロリーが増えてしまうだけと言えます。

プリンは腹持ちが良いと説明しましたが、食前にプリンを食べることである程度満たされ、自然と食事の量を減らすことができるのです。

無理のない食事制限も行えるため、ストレスも軽減されます。

もちろん間食として頂くのも良いですが、食前にゆっくりと食べることをおすすめします。

ビタミンBが含まれている

プリンには、ビタミンB群が含まれています。

ビタミンBは脂肪や糖質のエネルギー代謝に必要な栄養素です。そのため、ダイエット中のご褒美として選ぶことがおすすめです。

アイキャッチ画像

手作りプリンのレシピ

市販のものは糖質やカロリーが気になります。ダイエットに配慮されたプリンも販売されていますが、材料を自分でそろえて作ってしまった方が安心です。

自宅でも簡単に作れますので、ぜひ試してみて下さい。

材料

  • 豆乳 200CC
  • 生クリーム 100㏄
  • 卵 2個
  • てんさい糖 大さじ2
  • 蜂蜜 大さじ1
  • バニラエッセンス 数滴

作り方

  1. 材料をすべてまぜて、裏ごしします。
  2. 耐熱の入れ物にプリン液を流し入れます。
  3. 160℃に予熱したオーブンの天板に水をしいて30分焼くか、蒸し器で30分蒸します。

果物などを添えてビタミンを摂取することもおすすめです。

アイキャッチ画像

てんさい糖と蜂蜜を使用して優しい甘さを出していますが、もし甘みが足りない場合はさらに蜂蜜や黒蜜をかけることもできます。しかし摂取カロリーには注意が必要です。

ダイエット中のおやつ②「パンナコッタ」

パンナコッタとは、イタリア発祥のおやつで、生クリーム・牛乳・砂糖をゼラチンで固めたものです。

イタリア語で「生クリーム(パンナ)を煮た(コッタ)」という、作り方そのままの名前が付いています。

生クリームを使用しているので、濃厚な味わいが楽しめますが、その分のカロリーは高いです。

本来であればダイエット中におすすめのおやつとは言えませんが、今回はダイエット中でも食べられるパンナコッタのレシピをご紹介していきます。

手作りパンナコッタのレシピ

代わり食材として豆腐を使用することでカロリーや糖質をおさえ、ダイエット中でも食べられるようになります。

また、ゼラチンからはコラーゲンを摂取することができます。ダイエット中の食事制限でコラーゲンの摂取量が減ってしまうことが考えられるので、それを補うことが可能です。

もちろん食べすぎには注意が必要ですが、1日の総カロリー量を上回らない程度で、ストレス解消のためにも召し上がってみてください。

材料

  • 絹ごし豆腐 100g
  • 豆乳 150cc
  • 生クリーム 50㏄
  • ゼラチン(クイックタイプ) 5g
  • てんさい糖 大さじ2
  • 蜂蜜 大さじ2

作り方

  1. しっかりと水切りをした豆腐を、なめらかになるまでフードプロセッサーにかけます。
  2. そこに豆乳と生クリームを加えて、さらにフードプロセッサーでとろとろにします。
  3. ②を電子レンジで90秒加熱してから、更に30秒フードプロセッサーにかけます。
  4. 粗目のザルでこします。
  5. ゼラチン・てんさい糖・蜂蜜を加えてよくかき混ぜてから、冷蔵庫で冷やして固めたら完成です。

ザルでこすのは手間かもしれませんが、この工程を抜くとなめらかさが損なわれてしまうので、ぜひやってみてくださいね。

エネルギー代謝されやすく、お腹にも優しい材料を使ってあります。

酸味の強いフルーツとの相性も良いですので、軽めの朝食としてもおすすめです。

▼パンナコッタだけじゃない!豆腐を使用したその他のダイエットレシピはこちら♪

豆腐を使ったダイエットレシピ!おかずもおやつも作れる!

ダイエット中でも食べられるおやつ!プリン&パンナコッタレシピ編のまとめ

空腹状態が続くと、身体は飢餓状態になりエネルギーの消費がされにくくなります。空腹を我慢せず、ストレスを解消することもダイエットにとっては大事なことです。ダイエットは継続することで効果が出ます。継続するためにも、おやつを我慢しすぎるダイエットはよくないのです。デザートに分類される甘味であるプリン・パンナコッタをご褒美にして、ダイエットを継続していけるようにしましょう。